巴紋

栃木県小山市間々田の神社・間々田八幡宮

間々田八幡宮 栃木県小山市大字間々田2330 tel.0285-45-1280

TOPページ 投稿俳句・短歌

投稿俳句・短歌/はるこさんの作品

こちらのページでは、参拝者が投稿された俳句や短歌をご紹介しております。 投稿は、本殿前備え付けの投稿用紙にてお願いいたします。(メール等での投稿は受け付けておりません)

はるこさんの作品

  • すれ違う 女(め)の子の笑みや 夏惜しむ はるこ(2017年9月)
  • 煌めきや 銀漢降りて 韮の花 はるこ(2017年9月)
  • 秋夕焼 ビルの谷間を 通り過ぐ はるこ(2017年9月)
  • 帰省孫(こ)や 祖母と並びて 背くらべ はるこ(2017年8月)
  • わだかまり 残し二階へ溽暑かな はるこ(2017年8月)
  • 雨やんで 空を見あぐる夫(つま)は今 家庭菜園 農夫となりぬ はるこ(2017年8月)
  • この道は 無駄なきことと 茄子の花 はるこ(2017年7月)
  • 遠雷や つぎは私と 思うとき はるこ(2017年7月)
  • 短夜や 心のこりの ふたつみつ はるこ(2017年7月)
  • 春宵に あなた残して 旅立ちぬ はるこ(2017年6月)
  • 生あれば 春愁もあり バラ香る はるこ(2017年6月)
  • 春の海 波寄りそって 夫婦岩 はるこ(2017年6月)
  • 五七五 顔をあげれば 山笑う はるこ(2017年4月)
  • 春雷や お臍おさえて 孫隠る はるこ(2017年4月)
  • 女(め)の子らや しろつめ草の ブーケトス はるこ(2017年4月)
  • 田打ちして 生命みえたり 一日(ひとひ)かな はるこ(2017年3月)
  • 天と地と 焦がしてやがて 草の春 はるこ(2017年3月)
  • 先夜見た 星のかけらか イヌフグリ はるこ(2017年3月)
  • 朝月夜 新聞冷たし 年惜しむ はるこ(2017年1月)
  • 幾百の 鳥のねぐらか 冬木宿 はるこ(2017年1月)
  • 見仰ぐれば オリオン冴える 曲がり角 はるこ(2017年1月)
  • 黄落や 忘れし物は 積ります はるこ(2016年11月)
  • 空高し みどり児抱(いだ)き 今帰る はるこ(2016年11月)
  • 櫓田は 行く人もなし 鷺が二羽 はるこ(2016年11月)
  • なすトマト 赤鬼の夫(つま) 今かえる はるこ(2016年8月)
  • 遠花火 ゆうげの仕度 急ぐ君 はるこ(2016年8月)
  • その昔 秘密基地有り 木下闇 はるこ(2016年8月)
  • 白無垢の 渡る神橋 喜雨の中 はるこ(2016年7月)
  • 紅をさし 恥じらい咲くや 古代蓮 はるこ(2016年7月)
  • 父母の 記憶間遠に 桑いちご はるこ(2016年7月)
  • ひい・ふう・みい 気球遊ぶや 夏の空 はるこ(2016年6月)
  • 夏雲と 今をつきぬけ 旅人に はるこ(2016年6月)
  • ペダル踏み 坂東太郎 春げしき はるこ(2016年4月)
  • 諸葛葉 いにしへ人が 現わるる はるこ(2016年4月)
  • 天と地と 分けて麦穂の 波となる はるこ(2016年4月)
  • せり・菜葉 おいしさわかる 年齢(とし)となり はるこ(2016年3月)
  • うぐいすの 初鳴きを聞き 幸せよ はるこ(2016年3月)
  • 今土手は 土筆ん坊の 背くらべ はるこ(2016年3月)
  • 寝不足よ 恋猫合コン 夜が明ける はるこ(2016年2月)
  • どっこいしょ 大地落ち上げ ふきのとう はるこ(2016年2月)
  • 煮てつぶし 二月のしごと 手前みそ はるこ(2016年2月)

[1]

国指定・無形民族文化財 間々田のジャガマイタ(蛇まつり)

お子様のご成長祈願 安産祈願、初宮参り、七五三

今年の 厄除け・方位除け 早見表

参拝者の投稿俳句・短歌コーナー

盛り塩・持ち塩 神社の塩へのリンク

携帯用QRコード