巴紋

栃木県小山市間々田の神社・間々田八幡宮

間々田八幡宮 栃木県小山市大字間々田2330 tel.0285-45-1280

TOPページ 境内散策

境内散策

境内散策マップ

【使い方】マップ上の小さな写真にカーソルを重ねると説明画面が表示されます。

サムネール1 サムネール2 サムネール3 サムネール4 サムネール5 サムネール6 サムネール7 サムネール8 サムネール9 サムネール10 サムネール11 サムネール12 サムネール13 サムネール14 サムネール15 サムネール16 サムネール17 サムネール18 サムネール19 サムネール20 サムネール21

※『ジャガマイタ』当日(5月5日)は、神社の駐車場は使用できません。
神社裏手の間々田中学校臨時駐車場をご利用ください。

コーナーメニュー

境内散策

鳥居

鳥居

参道2番目の鳥居(1713年・正徳三年建造)。
鳥居右奥には『頼朝手植えの松(三代目)』の案内板がありますが、松は害虫の被害を受け枯死状態で、植え替えを検討中です。

社務所

社務所

お守りなどの授与品やご朱印、ご祈祷の受付はこちらにお声がけください。

弁天池

弁天池

たくさんの鯉や野鳥が泳ぐ弁天池。休日は鯉に餌を与える家族連れで賑わいます。現在の駐車場もかつては池で、夏は蛍が飛び交い、冬はたくさんの子供たちがスケートを楽しみました。

芭蕉の句碑

芭蕉の句碑

「古池や 蛙飛び込む 水の音」
もちろんこの地で詠まれた句ではありませんが、その筆致の見事さから、多くの方が拓本をとりに訪れます。芭蕉は奥の細道紀行の旅の二日目に間々田宿に宿泊しました。(1853年・嘉永六年建立)

厳島神社(弁天さま)

厳島神社(弁天さま)

弁天池に浮かぶ小島に鎮座する当社の末社。水の神であり、美と学問と音楽の神様でもある弁天さま(弁才天)は、弁財天とも書き、財と福をもたらす神様でもあると言われています。

土俵

土俵

秋の例大祭で奉納子供相撲大会が行われる土俵。かつては大相撲の地方巡業で大変賑わいました。また、周防正行監督、本木雅弘主演の映画「シコふんじゃった。」(1992年)の夏合宿のシーンは、ここで撮影されました。

「シコふんじゃった。」スナップ

撮影当時のスナップです。この頃は土俵の屋根はまだありませんでした。

ご神木(杉)

ご神木

推定樹齢500年の杉の古木。かつては境内でもひときわ高くそびえていましたが、そのことが災いし、落雷により全体の三分の一程度が焼けて失われてしまいました。

本殿

本殿

権現造の拝殿および本殿。江戸時代後期に焼失し再建されました。社殿の内外に日光東照宮の改修を手がけた職人による見事な彫刻が見られます。
主祭神の誉田別尊は第15代応神天皇で、勝負事や武運の神。ご神威あらたかな鎮守の神としても広く信仰されています。息長帯姫命は応神天皇の母君で、安産、教育、神人交歓などに大変ご利益があります。

八龍神社と御輿社

八龍神社と御輿社

「ジャガマイタ」の八大龍王を祭る八龍神社(右)は、平成12年に当社の合社からこの場所に分祀されました。御輿社(左)の御輿は、昭和30年代前半頃まで間々田町の夏祭りで担がれていたものです。

田んぼ沿いの林道

田んぼ沿いの林道

思川の土手まで続く静かな小径です。田んぼに出れば、北は那須の茶臼岳、日光連山、西に赤城山、浅間山、秩父連山、丹沢山系、そして南に富士山と、壮大なパノラマを楽しめます。春に土手を黄色に染める菜の花も見事です。この道も「シコふんじゃった。」の撮影で使われました。

明治天皇遙拝所碑

明治天皇遙拝所碑

森の中にひっそりと建つ明治天皇遙拝の碑(大正元年建立)。土台の小山は八幡古墳群の墳丘です。
森の中にはこのような碑や墳丘などの他、今となっては由来のわからない大小様々な石が散在します。

合社

合社

雷電神社、愛宕神社、淡島神社を合祀した合社です。雷電神社は火と水の力を司る神様。いかなる災厄をも祓い去ります。愛宕神社は火伏せの神様。防火、防災に御神威を発揮します。淡島神社は婦人病をはじめとして安産、子授けなど女性の守護神として広く信仰を集めています。

夫婦杉

夫婦杉

根本部分が手をつなぐようにつながっていることから「夫婦杉」として大切にされている樹齢約200年の杉の木です。ほぼ同じ太さの2本の幹がまっすぐ空に伸びる姿は大変美しく、夫婦和合や縁結びの象徴として参拝者に親しまれています。

間々田八幡宮のコナラ

コナラ

本殿の周辺には市の天然記念物に指定されている3本のコナラがあります。樹齢は推定150年。コナラはブナ科の落葉高木で、日本全国の里山に普通に見られますが、これほどの大木になるのは珍しいそうです。

忠魂碑

忠魂碑

明治41年建立の忠魂碑。かつては1丁目の逢の榎の近くにありましたが、昭和33年にこの場所に移転されました。土台となっている小山は、八幡古墳群の中でも最大級の墳丘です。

ひょうたん池

忠魂碑

桜の季節には大勢の花見客で賑わうひょうたん池。夜には桜のライトアップが楽しめます。

間々田八幡公園

間々田八幡公園

昭和30年代頃に作られた遊具が大半を占めるレトロな雰囲気の公園です。春の桜はもちろん、秋には美しい紅葉が楽しめます。公園内にいくつかある小山も、すべて八幡古墳群の墳丘です。

聖徳太子の碑

聖徳太子の碑

八幡古墳群のひときわ高い墳丘の上に立つ聖徳太子の碑。建立は大正14年。毎年1月下旬には町内の建築関係者が集まり、太子講のお祭りがとり行われます。聖徳太子は職人の守護神として広く信仰されています。

ひょうたん池水源

ひょうたん池水源

かつては3つの池の底や護岸から清水がこんこんとわき出て水源となっていたようですが、今は井戸から水をくみ上げています。くみ上げられた水は滝から小川に注ぎ、春から夏にかけては水遊びが楽しめます。

狛犬

狛犬 あうん

参拝者から密かな人気を集める、なんともユニークな顔立ちの狛犬さん。見つけたら優しく頭をなでてあげてください。何かいいことがあるかもしれませんよ。
(1813年・文化十年奉納)

力石

力石

重さ二十八貫(約110Kg)の力石。大正二年に神社から持ち去られた石を、3人の力自慢が友沼宿から一度も地上に下ろさずに持ち帰ったと伝えられています。
弁天島の松の根元には三十八貫の力石があります。

戻るドットTOPページへ戻る

国指定・無形民族文化財 間々田のジャガマイタ(蛇まつり)

お子様のご成長祈願 安産祈願、初宮参り、七五三

今年の 厄除け・方位除け 早見表

参拝者の投稿俳句・短歌コーナー

盛り塩・持ち塩 神社の塩へのリンク

携帯用QRコード